ページの本文へ

Hitachi

日立の樹オンライン

「日立の樹」があるモアナルア・ガーデンは、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島のワイキキから車で30分ほどの地にあります。地元の人々にとっての憩いの場として、また、観光スポットとして、多くの人々に親しまれています。園内には、ハワイ原産に限らず、さまざまな植物が世界中から集められており、モンキーポッドも、そのひとつです。機会がありましたら、ぜひ一度訪れてみてください。

モアナルア・ガーデンの景観が、360度のパノラマ画像でご覧いただけます(左右の矢印ボタンを押すと、景色が左右に移動します)。

アクセスマップ

所在地
2850 A Moanalua Road, Honolulu, HI 96819

公園詳細につきましては公式サイトをご覧ください。

モアナルア・ガーデンの歴史

モアナルア・ガーデンには、ハワイの伝統とともに歩んできた歴史があります。

この土地は、古くはハワイ王国を建国したカメハメハ王家の所有地でした。公園内に今も残るコテージは、1850年代にカメハメハ5世の別邸として建てられたものです。その隣にあるタロイモ畑は、初めてオアフ島に来た人々が、この地に住み栽培を始めた名残であるといわれています。オアフの歴史の原点ともいえる場所でした。

1884年、この土地は、王家と親交のあったサミュエル・デーモンという人物に譲られ、公園づくりが始まりました。デーモン氏は、多民族の融合と共存共栄を目指した王家の意思を受け継ぎ、この公園を広く一般の人に開放し、誰からも愛される場所にしようと考えました。公園内に世界中の文化を取り入れ、日本の茶室などもつくられました。今も公園内には、日本庭園風の池やチャイニーズシアターと呼ばれる東洋風の建物が残っています。

公園を彩る緑についても、ハワイ原産のものだけでなく、世界中からさまざまな植物が集められました。ハワイでは見掛けることが少ない竹も、そのひとつです。マンゴーの木やバニアンツリー、南米が原産地といわれるモンキーポッドも、このときに海外から取り寄せられたものです。

その姿は、多くの人々を受け入れながら歴史を重ね、発展してきたハワイの象徴ともいえます。樹齢およそ130年といわれる「日立の樹」は、こうした公園づくりに込められた思いとハワイに息づく伝統を、ずっと見守り続けてきたのかもしれません。

「日立の樹」のそばには看板が設置され、近くのギフトショップにはパンフレットが用意されています。パンフレットは、片面が日本語、片面が英語の2か国語記載で「日立の樹」を紹介したものです。モアナルア・ガーデン内のみの限定配布につき、訪れた際は、ぜひ記念にお持ち帰りください。