ページの本文へ

Hitachi

アロハ! ハワイ在住のライター、酒井美奈です。

今回は、地元気分を味わうことができる路線バス(The Bus)での公園までの行き方を取り上げます。アクセスガイドの「路線バスでの行き方」とあわせてご覧ください。

路線バスなので、どこのバス停から乗っても構いませんが、ワイキキから行く場合は、 「Ala Moana Center(アラモアナ・ショッピングセンター)」 まで行き、「Kapiolani Blvd.(カピオラニ通り)」のバス停を利用するのが、わかりやすいと思います。

「Ala Moana Center(アラモアナ・ショッピングセンター)」北東側の駐車場を山側に抜けて「Kona St(コナ・ストリート)」を渡ります。右手に見える「Nordstrom(ノードストローム)」というデパートを過ぎて最初の大きな通りが、カピオラニ通りです。

バス停は、カピオラニ通りを渡って右に歩いたところにあります。通り名を示す青い標識は信号や街灯などの柱にありますので、これを目印に歩きます。

こちらのバス停が近隣の工事のため閉鎖されている場合があります。その場合は、カピオラニ通りを戻るかたちでバスの進行方向に歩き、「Keeaumoku St.(ケアモク通り)」を渡った先のバス停を利用します(地図にある「工事中の場合こちらへ」を参照ください)。

バス停は、日本のようにバス停の名前や時刻表、路線図などがなく、写真のようにルート番号の案内程度です。

アラモアナ・ショッピングセンター1階山側にある市役所の出張所「ホノルル・サテライト・シティホール」やホテルなどで、事前にバスの路線図を入手しておくことをお勧めします。時刻表もありますが、日本ほど正確ではありません。バスの運行状況や最寄りのバス停などを教えてくれるWebサイトやスマホアプリを利用すると便利です。

公園方面のバスは、ルート番号「3番」の「Salt Lake(ソルトレイク)」行きです。ルート番号と行き先は、バスのフロントガラス上部と前方ドア左横上に表示されています。路線によっては同じ番号でも行き先が異なる場合がありますので、番号と行き先の両方を確認してください。

乗車は、前方のドアから(降りるときは後方のドアからも降車できます)。運賃は2ドル50セント均一です。釣り銭は出ないので、あらかじめ小銭を用意しておきます。

交通状況によりますが、公園近くのバス停までは20分ほどです。街中を抜け、フリーウェイに入ったら、その次が降りるバス停です。

降りるときは、窓の近くにあるロープを引いて、ドライバーに降車を伝えます。日本のようなバス停ごとのアナウンスはないので、フリーウェイに入ったらすぐに引いて、次の停留所で降りることを早めに知らせるようにします。

バスから降りたら、そのまま進行方向に、まっすぐ歩きます。少し歩くと横断歩道があるので、ここを渡り、さらに進んで、フリーウェイ沿いの緩やかな右カーブを下ります。

バス停から5分ほど歩くと、左側にフリーウェイの標識「EXIT 3」が見え、右側がモアナルア・ガーデンの裏側ゲートになります。

入口には車両が入れないようチェーンが張ってありますが、歩行者は脇から入ることができます。

公園に入ったら、小川に掛かる橋を渡ります。園内にはたくさんのモンキーポッドの樹がありますので、「日立の樹」を探してみてください。

ハワイの路線バスは日本よりも大きく、自転車を積めるものもあるので、バスとレンタサイクルを利用すれば、行動半径が広がります。

観光客向けの4日間乗り放題パスや1か月乗り放題のパスもありますので、滞在期間に合わせて利用するといいでしょう。

路線バスを上手に利用して、ハワイでの充実した時間を過ごしてください。